RECOMMEND


  



ファンケルオンライン
【FANCL】イギリスでは、現地調達した化粧品が合わなくて肌トラブルで1年ほどノーメイクで過ごしました。今回は今まで使っていたものを、と思い、日本から送ってもらって使っています。

【Z会】海外受講で続けています。

楽天で探す
楽天市場
MOBILE
qrcode
<< 年始はアンコールワットへ。 | main | meijiのハローパンダ >>
シンガポールに持って行きたいもの番外編。
 唐突ですが。秋口に当地にて健康診断を受けたところ、乳がん検診のところで再検査にひっかかりました。ただ、これは毎回のこと。毎回「石灰化」というものでひっかかって経過観察と言われていました。今回もそれと同様と思われたのですが、前のデータがないのでなんとも言えない、とりあえず専門医の受診をすすめる、との結果でした。

 早速専門医を受診したところ、生体検査という流れになるのかな、と思っていたのですが、ドクターは「できれば日本からX線写真を取り寄せて欲しい。変化をチェックしてから判断したい。どうしても取り寄せられなければsmall operation(←生検?)をして検査するから。」とのこと。検査もけっこうな料金だろうし、まずは取り寄せるか、ということで母に頼んで最終受診した病院へ行ってもらって、、、無事CD-ROM入りのデータをシンガポールへ送ってもらうことができました。ただ、現像しないといけなかったようで、現像代として240ドルかかりました。「日本のときのデータと比べたところ、安定しているので経過観察でよい。6か月後に受診して。」という結果だったのでよかったかな。

 ということで、同じような状況の方がいらしたら、今まで受診していた病院でX線写真を入手して持って来られることをおすすめします!本来なら本人が来院してお願いしないといけないものらしいので、事前に用意しておく方が、あとからお願いするよりも手続きが簡単だと思います。
JUGEMテーマ:シンガポール


シンガポール | 15:09 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする