RECOMMEND


  



ファンケルオンライン
【FANCL】イギリスでは、現地調達した化粧品が合わなくて肌トラブルで1年ほどノーメイクで過ごしました。今回は今まで使っていたものを、と思い、日本から送ってもらって使っています。

【Z会】海外受講で続けています。

楽天で探す
楽天市場
MOBILE
qrcode
<< 自販機SAMで切手購入 | main | シンガポールに持って行きたいもの番外編。 >>
年始はアンコールワットへ。
 2016年が始まってもう1月も終わりそうな…そんな今月、年始は3泊4日でアンコールワット遺跡めぐり旅行を楽しんできました。

 長女の高校受験が12月初旬。万が一不合格なら引き続き受験生生活だったのですが、無事合格できたので旅行にも予定通り行くことができました。

 冬休み時期のカンボジアは乾期で、滞在中もずっと晴れ!観光日和が続き、満喫できました。


 日の出前のアンコールワット。空の色がきれい。元日は、日の出ツアーのお客様で、日本人がいっぱいだったそう。あとは、春分の日、秋分の日の頃は、中央の塔から日が昇る、スペシャルショットを撮ろうと、カンボジア人含め、たくさんの人で賑わうそうです。私達が行ったのは1月3日の朝。それでも普通にたくさんの人々がいて、池の周りは夏の湘南?みたいな雰囲気さえ漂っていたような…。


 昼間のアンコールワット。水面に映る姿も美しい!風が全くない日だと、もっとくっきりと映るそうです。(「逆さアンコールワット」で検索すると、くっきり写真がたくさん。)

 もちろん、アンコールワットだけでなく、アンコールトムその他の遺跡、トンレサップ湖の水上集落を見るボートからの観光などいろいろ見学。専用車で専用ガイドさんがずっとついてくれて、自分達のペースでまわれたのはよかったです。ガイドさんが壁画の説明をいろいろとしてくれたのですが、ラーマーヤナのストーリーや、ヒンドゥーの神様のことなど、事前に勉強しておいたらもっと面白かったはず。これから行く予定のある方は予習されることをおすすめします。

JUGEMテーマ:シンガポール


シンガポールからの旅 | 14:14 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする