RECOMMEND


  



ファンケルオンライン
【FANCL】イギリスでは、現地調達した化粧品が合わなくて肌トラブルで1年ほどノーメイクで過ごしました。今回は今まで使っていたものを、と思い、日本から送ってもらって使っています。

【Z会】海外受講で続けています。

楽天で探す
楽天市場
MOBILE
qrcode
オカピとドリトル先生
 昨日の日経の夕刊、「あすへの話題」が「オカピ」でした!ズーラシアで見てきたばっかりだったのでびっくり。さらに、「ドリトル先生アフリカゆき」の中でオカピがでてくる件がある、との記述が!ドリトル先生がサルたちの病気を治したところ、動物たちはそのお礼に珍しい動物をプレゼントしようと話し合い、候補の一つに「オカピ」が挙がる、とのこと。

 このドリトル先生シリーズ、今長女が愛読中なのです!タイムリーな話題でびっくり。



 父が子供のころに夢中で読んでとても面白かった本、ということで私も小学生のころに読みました。が、全13冊あり、だんだん飽きてきて・・・ドリトル先生は動物の言葉を使えて、いろんなところに冒険の旅に出る・・・ぐらいの記憶しかない状態。(つまり、内容を全く覚えていない・・・)

 こういう話、うちの娘たちは好きかなぁ、でもそのうち試しに読ませてみようかなぁ、なんて思っていたら、父が「そろそろドリトル先生も読めるやろ。」と、孫のために第一巻をすでに購入。長女は強制的に?読み始めることに。

 いつも「魔法使い」とか「○○王女」とか女の子っぽい話を選びがちだから、このシリーズはどうかな、と思ったけど心配無用。夢中で読んでいます。「テストなどの直しが終わった人は本を読んでいい」というような時間がけっこうあるので、学校に持って行ってせっせと読んで、3冊目が終わるところです。そろそろ飽きるかも、と思って「違うシリーズを間にはさむ?」と聞いてみましたが、「ドリトル先生の続きがいい!」とのこと。子供には魅力あるストーリーなのでしょうか。。。

 ズーラシアではフクロウのところで「トートーかもよ♪」と言った長女。ドリトル先生の飼っているフクロウの名前がトートーなんだそう。(オカピのところでは何も言わなかったけど。)前々から「こういう場目覚えてる?」とか、ドリトル先生の飼っている動物の名前を聞かれて全く答えられず、「ママ、ホントに全然おぼえてないんだから!ちゃんと読みなさい!」と言われていた私。日経のオカピ記事を機に読み直してみようと思い、先ほど「オカピ」が出てくるところまでは読みました。確かに子供には楽しめそうな内容。でも、これが13冊・・・ずっと楽しめるだろうか。私の挑戦のはじまりでもあります。。。
続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 15:18 | comments(2) | - | pookmark |
なぞのテーマソング
 4月から毎週土曜日に子供たちが見ているのがカートゥーンネットワークのハローキティのスタンプヴィレッジ。サンリオのキャラがたくさん出てくるクレイアニメ。番組が始まると、

 ♪ハーロッキッティー ティアワユー・・・

 と意味不明の歌が流れてきてびっくり!英語じゃないのは明らか。他の言語でもキャッチできる単語があることが多いのに全く意味不明理解不能。よーく聞くと韓国語のよう。番組サイトを見るとやはり韓国発でした。確かに韓国の友人が「小さいころからマイメロちゃん好きだったよ〜〜」とか言ってたし、ごく当たり前にサンリオキャラが存在している様子。

 そして、うちの娘たち、「何言ってるかわかんないね〜〜〜!」と言いながら

 ♪ハーロッキッティー ティアワユー ハーロッキッティー ウレチクー・・・

 とか歌っています。ちなみに本編は日本語吹き替えなのでちゃんと内容がわかりますのでご安心を。

続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 00:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
孫にあげたい?絵本
 少し前に義父母が子供たちにくれたのが画像左のにっぽん地図絵本。そして、何年か前に母がくれたのが右のABCえほん

地図絵本


 たまたまですが、両方とも戸田デザイン研究室のもの。シンプルな絵とはっきりした色が子供が見てもわかりやすくていいです。地図のほうは、都道府県の場所だけでなく、「いちばん長い川は?」などクイズ感覚で地理を学べるし、ABCも、アルファベットと英単語を学べます。「勝手に買ってプレゼントしても親が文句を言わなそう」な内容で、おじいちゃんおばあちゃんが安心して購入できる絵本、という感じ?!

 そして、本にはさんであったお知らせで、戸田幸四郎絵本美術館なるものが、熱海(多賀)にあることを知りました。美術館も意外に好きなうちの娘たち、連れて行ったら喜ぶかな、「名物のカレー」も食べたいな、と行ってみたくなりました。温泉のついでにでも・・・!

続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 22:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
きぶんすっきり? そらまめスープ
 昨日は春らしく空豆のスープを作りました。空豆1パックでは足りなかったのでじゃがいもも入れてちょっと薄い緑色に・・・。

そらまめスープ

 でも、かえってマイルドな味になって食べやすかった様子。生クリームも入れてクリーミー。

 このスープは子供たちからのリクエスト。


 「フラニーとメラニー すてきなおんがくかい」という絵本に空豆のスープが登場するのです。うさぎのフラニーとメラニーは森のスープやさんで、「すてきなおんがくかい」ではけんかをしている2人(?)の鳥たちに「きぶん すっきり そらまめのスープ」を飲ませたら、けんかもおさまって・・・という話。(絵本だともうちょっと具がゴロッとした感じだったかも。)ちょうど次女が熱を出していたのですが、「なんか、きぶんすっきりになるかも!」と言って食欲があまりないのにペロリ。そのおかげか、今日は熱も下がり、明日は幼稚園に行けそうです。

 先週月曜から、なぜか次女のクラスだけ16人もの欠席者!インフルエンザが今頃また流行りだしたのです。そのあと学級閉鎖ではなく自由登園(行かなくても出席扱い)になりましたが、娘は元気にずっと登園。そしてとうとう、金曜の午後から発熱!とうとうインフルエンザ?と思ったところ、1日半くらいで下がったので単に疲労か風邪か・・・。とにかく治ってホッとしています。
続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
くまの絵本
 くま大好きな次女、図書館からは相変わらずくまの絵本を借りています。くまのがっこうシリーズはもちろん大好きですが、大人気なようで、いつも図書館では貸出中。予約して借りるようになりました。そして、中でもお気に入りのジャッキーのちいさなおはなしは最近購入。その他、くま関係の絵本で最近借りたもの。

 くまくまさん一家が外国旅行に出かけることになったのですが、出発までにハプニング!どうなっちゃうの?!とけっこうドキドキ。最後が気になるお話。


 「大きくなりたい」のほうを借りたのですが、絵かきうたのCDもついていて、早速描いていました。同じ作者のこぶたのジャスミンも前に借りたのですが、こちらにも絵かきうたのCD。絵がかわいらしいくてやさしい雰囲気です。次はどんなくまを見つけるのか、楽しみです。

続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 23:04 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
くろさわくんとまじょ子
 長女が「いやいやえん」などを夢中で読んでいる、と前に書きましたが、最近は違うシリーズを読みまくっています。

 まず、「1ねん1くみ」シリーズ。クラスに1人はいそうな、元気でやや問題児?、だけどちょっとにくめない男の子、「くろさわくん」が起こす騒動が書かれています。
1ねん1くみ1ばんワル (こどもおはなしランド (2)) 1ねん1くみ1ばんなかよし (こどもおはなしランド (11)) 1ねん1くみ1ばんげんき (こどもおはなしランド (10))
1ねん1くみ1ばんくいしんぼう (こどもおはなしランド (77)) 1ねん1くみ1ばんびじん 1ねん1くみ1ばんえらい! (こどもおはなしランド)

 その他何冊かすでに読んでいると思います。図書館で毎回1、2冊借りてくるのですが、帰ってきたらすぐ読み始め、ものすごい集中力で一気に読み終えます。しかも、その他同じような低学年向けの本、合計3冊くらいを一気に・・・。本を読むのはいいことですが、あんまり集中すると目も悪くなるのでは?と少し心配。

 もう一つ、まじょ子ちゃんのシリーズも気に入って、2冊ほど読み、次回また借りるそう。どちらも低学年向けのストーリーなので、お話の世界にすっと入っていけるようで、本当に夢中。図書館に返却する前に何度も読み返しているし、かなりの気に入りよう。(最近では次女も影響されて?、ちょっとずつ読んだりしています。)イラストも多いし、話自体も「どうなるんだろう?」と思わせるストーリーなので読みやすい!まさに等身大のストーリーとして、小学校低学年の子供にはおもしろいんだろうな、と思います。
続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
こどものお気に入りの本?
 ただいま年中の次女はくまが大好き。

くまたち

 上は我が家のクマのぬいぐるみ。ケンブリッジにおいてきちゃったのもいるけど今いるのはこれくらい。3歳くらいまではいつもどれかお気に入りのクマちゃんを抱えて出かけていました。最近は抱えることはないけど、画像中央の小さい着物のクマは持ってでかけることも。

 そんな次女、絵本でもくまが出てくるものがお気に入りです。

しろくまちゃんのほっとけーき
しろくまちゃんのほっとけーき
 子供の絵本選びに熱心な友人から、これはおすすめ!ということでもらったのが最初、の定番の「こぐまちゃんシリーズ」。今でも時々読んでいます。

ぶつぶついうのだあれ (くまの子ウーフの絵本 3) そして、くまの子ウーフの絵本。特に、このぶつぶついうのだあれ (くまの子ウーフの絵本 3)が好きみたい。どろんこになったウーフが鏡に映った自分を見てびっくりするところや、最後にママとおやつを食べるところ、が特に。

Biscuit Bear 英語の絵本ですが、Biscuit Bearはストーリーもおもしろいし、絵もかわいくて、私も好きです。(絵だけでもストーリーはわかると思います。)クマの形のクッキーが夜になると動きだして、やらかしてくれるんですが、このクマ、無表情なのに衣装?や小物で生き生きして見えて憎めないヤツ、という感じです。

くまのがっこう (PICT.BOOK)
くまのがっこう (PICT.BOOK)
くまのがっこう ジャッキーのおたんじょうび
くまのがっこう ジャッキーのおたんじょうび

 そして、今最も気に入ってるのが、この「くまのがっこう」シリーズ。12人きょうだいの末っ子、女の子ぐまのジャッキーが大好き。ジャッキーはちょっとおてんばで、次女は自分と似てると思っているのかも。
ジャッキーのちいさなおはなし―くまのがっこう (PICT.BOOK) この本の中に出てくる、「あー、おんなのこにうまれてよかった!」とかいうセリフをまねして言ってたりすると吹き出してしまいます。

 そして、早々に決めた、サンタさんにもらうものもやはり・・・
続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 21:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
こどものお気に入りの本
 久しぶりに子供たちが気に入った本の話題。長女(小1)編。

 私も小学校低学年で読んだと思うのですが、「いやいやえん」、大好きでした。たとえば、積み木の船でクジラをとりにいく、なんていう話があって、「ありえない!」と冷静に思いながらもワクワクしながら何度も何度も読んだものです。そこで、「これはママのおすすめだから」と言って図書館で借りて読ませてみました。

 すると、血は争えないというのか、グワーーーッと夢中で読み始め、数時間で読破し、「おもしろかった!」と興奮した面持ち。そして翌日には2回目スタート。そして結局とても気に入って、いつでも何度も読みたい、というので買いました。

 また、こちらのブログにて「いやいやえん」と同じく山脇百合子さんの挿絵のもりのへなそうるという本の存在を知り借りました。これもまた借りてきて数時間夢中で読んでいました。本の中に出てくるセリフを次女も一緒になってマネしたり、「ハマってる」というのがピッタリ、の状態。こういう、ありえないことが起こるけど、登場人物の年齢や、環境には自分を同化できるようなお話がとってもおもしろく感じられるし、読みやすいんだろうな、と感じました。

 さらに、へなそうるの中のその他書籍の広告として、やはり「いやいやえん」(「ぐりとぐら」も)と同じ中川 李枝子さんと山脇 百合子さんによる本として おひさまはらっぱというのがあり、さらにこれも借りました。これもまた同じように・・・。するとまたかえるのエルタなどが目に入ってきましたが、これはまだ読んでいません。あまりにも同じテイストが続いても飽きるかも、と懸念して。でも、今日もまた「いやいやえん」を読んでいましたし、こうなったらとことん読み尽くすしかない?!

いやいやえん―童話
いやいやえん―童話
もりのへなそうる
もりのへなそうる
続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
流行ってる本 from UK
 まだイギリスにいる、長女より一つ上(日本だと小学一年生)の女の子のママから、現地の女の子たちの中でめちゃめちゃ流行っている本がある、との情報。

 rainbow magicという妖精のお話シリーズ。すでに何十冊もでているんだけど、みんなガンガン読み続けているのだとか。お話もそれだけ魅力があるのだろうし、イラストもかわいらしく、女の子がいかにも夢中になりそうな感じ!Ruby the Red Fairy (Rainbow Magic)
Ruby the Red Fairy (Rainbow Magic)

 洋書だし、ネットで注文しよう〜と思いつつ、何気なく本屋に行ったらこのレインボーマジックの日本語版が目立つところにならんでいました・・・。

赤の妖精ルビー 今のところ、3冊出ているようでレインボーマジック1,2,3巻セットにもなっていて、さらに帯には「高田万由子さん推薦!」の文字が。

 日本語版がこんな感じでプロモートされているとは・・・。超オツだと思っていたのに日本でもポピュラーなのか・・・。ひとが買おうと思ってる矢先にこういうことをされるとしゃくにさわる!!

 だから、というわけでもないけど、やっぱり英語版を買おうと思います。(まだうちの子にはむずかしいだろうけど。。。)
続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 13:09 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
アリスのポップアップ絵本
 お盆に帰省したときに、義父母が子どもたちへ、素敵なポップアップ絵本をプレゼントしてくれました。貼ったままになっていた値札(こんなとこがおちゃめ)を見たらけっこう高くて(普通の書店で買ってくれたのでかなり割高)申し訳なく思ったのですが、中身を見て納得。というより、割高なはずなのに、それでも安い!と感じました。

Alice's Adventures in Wonderland: A Pop-Up Adaptation of Lewis Carroll's Original Tale (New York Times Best Illustrated Books (Awards))
Robert Sabuda Lewis Carroll Robert Sabuda
Little Simon (2003/10)
売り上げランキング: 328
おすすめ度の平均: 4.94
5 すごいの一言に尽きます
5 壊される・・・でも読ませたい
5 芸術的☆

 ロバート・サブダのポップアップ絵本で、TVで特集されていたのを見て買ってくれたのだそう。細工がとても細かくて、大人でも、見ているだけで楽しくなる絵本でした!芸術作品、というほうがふさわしい印象で、この価格で採算は合うのか?と心配になるくらいのしろもの。娘たちも歓声をあげつつさんざん楽しんだ挙句、「アリス〜、こっち行くわよ〜」とか言いながら、早速お人形遊びの道具に。破れるのも時間の問題・・・ですが、喜んでいるのでよしとします。

 そのTVの特集では「オズの魔法使いや恐竜の本も紹介されていた」とのこと。おそらく、→この本では、と思います。恐竜の本は以前おもしろいと薦められて買いたいと思いつつ買っていなかったもの。同じアーティストによるものだとは知りませんでした!The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-Up (The Childhood of Famous Americans Series)Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs: Dinosaurs (New York Times Best Illustrated Books (Awards))

 見ていたら、どのポップアップブックも美しくて大人も楽しめそうであれもこれも欲しくなります。オズもいいけど、欲しくなったのはこれ。

The 12 Days of Christmas: A Pop-Up Celebration クリスマスソングの歌詞を表しているそうで、この歌は次女が去年のクリスマスにナーサリーで歌ったものなので見ながら歌ったりしても楽しいかな、なんて思ったりして。

 どれも、手の込んだ作品なのに割安感もあるし、今後、増やしていきたいと思います!
続きを読む >>
子どもの本・ビデオ・DVD | 22:08 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>